プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(57)ゲッレールト温泉 その1

館内で迷子になる人が多いとか

ホテル内からからゲッレールト温泉(ハンガリー語では「Gellert Gyogyfurdo」)へは、一階でエレベーターを降りて右へ行くと専用の通路があります。

スパの受付があるので、部屋のキーを見せて入場券となるプロキシー・ウォッチ(Proxy Watch)を受け取ります。

一般の人は、別の入口から入って

ここにプロキシー・ウォッチをあてて入退場

バーを押して中へ入ると

一階がロッカー、地下にキャビンがあります

けれど、ホテルから行くと少々、わかりづらいです。館内図を頭に叩き込んでも、階段を下りたり上ったりしているうちに、ちんぷんかんぷんで、

私は一体、どこにいるの? 温泉はどこ~?

と叫びたくなりました。同じように館内で迷子になっているおばさんがいたので、その後をついていって、ようやくロッカールームを探しあてました。

一人用が上半分しかなくて狭いロッカーです

カギの開閉には、プロキシー・ウォッチを使います

閉める時には「ウォッチを押しつける(Closing put watch on - press)」。そして開ける時には「これまたウォッチを押しつける(Opening put watch on- press)」とハンガリー語、英語、ドイツ語で書かれています。

きちんと施錠されると、壁にかけてあるターミナルのディスプレイにリストウォッチをかざし、ロッカー番号が表示されて確認できるようになっていました。

カギをかけたら、ロッカー番号と位置は忘れずに!

でないと、温泉から戻ってきた時にロッカーがどれだったかわからなくなってしまいます。

さて、防水カメラを持って温泉プールへGo!

打たせ湯のやりすぎで背中がまっ赤(@@)

その向かいにあるのは、1900年代初めに建てられたアールヌーボー様式が美しい室内プールです。かなり水が冷たく感じられました。

一番深いところは2m

手前はそれほど深くなくてジャグジーになってます




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/03/07 20:04 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(58)ゲッレールト温泉 その2 | ホーム | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(56)ダヌビウス ホテル ゲッレールト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1256-c05fd88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |