プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(56)ダヌビウス ホテル ゲッレールト

2015年6月12日(金)

6時半、K&K ホテル オペラで朝食を取り

9時50分、ホテルをチェックアウトしました

ブダペスト四日目となるこの日は、ダヌビウス ホテル ゲッレールト(Danubius Hotel Gellert)に宿泊するので、午前中のうちに荷物を預けに行くことにしました。

ダヌビウス ホテル ゲッレールトへは、地下鉄オペラ駅(Opera)からゲッレールト テール駅(Szent Gellert Ter)で下りればホテルは目の前ですが、乗り換えが必要だったり、スリが怖かったりしたので、徒歩でデアーク広場(Deak Ferenc ter)へ向かいました。

そこから47番Varoshaz ter行きトラムに乗り、四駅目(所要七分)の「Szent Gellert ter M」で下車しました。49番トラムでもOKで、だいたい10分間隔で走ってます。

トラムに乗ったら、すぐに切符に刻印

この数日前に、切符の刻印が不鮮明で検察に捕まりかけたので(詳しくはブログ「39.ブダペスト地下鉄の検札は厳しい」を参照)、しっかり切符の表裏を確認し、刻印機に切符を差し込みました。

ところが、刻印されません(@@)

地下鉄とは違う古いタイプの機械だからでしょうか、使い方が違うようです。どうしたらいいのか戸惑っていると、すぐ近くにいたハンガリー人の若い女性が、

「上から切符を差し込み、黒い部分を手前に引くだけよ」

わざわざ席を立って教えてくれました。なんて親切、ありがとう! とっても心が温かくなりました。それに、この時間、トラムは空いていてスリらしき人もいなくてほっとしました。

10時半、ダヌビウス ホテル ゲッレールトに到着

チェックイン時間には早すぎるとわかっていましたが、レセプション担当者がすごく親切で、10分ほどで部屋の準備を整えてくれました。

予約する際、スタンダード シングルルームには二種類あり(11㎡か15 ㎡)、15 ㎡を予約していましたが、

某ホテル予約サイトのシルバー会員特典で
無料のボトルウォーターと部屋の無料アップグレード付!

15 ㎡のスタンダード シングルルームですが、

バルコニー付きでドナウ川を見下ろせます

部屋は四階の端から二つ目

天気が良くて気持ちいいとトーニャもご満悦

バスルームはバスタブ付きで

冷蔵庫もあります

また、このホテルには温泉も併設され、一般客はロッカー利用で4900~5300フォリント(約2500円~2650円)、キャビン利用で5100~5500フォリントかかります。それが、宿泊客は一度だけ無料で利用できるのです。

お昼12時、水着の上にバスローブを着て
さっそく温泉へGo!

しかし、部屋のカギがでかいです(~~)




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/03/05 20:01 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(57)ゲッレールト温泉 その1 | ホーム | 府中市郷土の森の梅 その3(2016年)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1255-823be628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |