プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(44)パーリジ ウドヴァル

オリエンタルな雰囲気に包まれて

地下鉄M3の「フェレンチェク テール駅(Ferenciek tere)」そばに「パーリジ ウドヴァル(Parisi Udvar / Parisian Court)と呼ばれるアーケードがあります。

ガイドブックではあまり紹介されていないようですが、「ブダペスト旅物語 」という本に載っていた写真に惹かれてやって来ました。

ベネチアン・ゴシックやルネッサンス様式の外壁には、アールヌーボーやオリエンタルな装飾が施されていて、周囲の景観の中でもひときわ目を引きます。

この建物は20世紀初頭に建てられ
屋内には高級品店が立ち並んでいたそうです

パリのパッサージュを模して造られたので

パーリジ ウドヴァルと呼ばれています
(Parisi Udvar/Parisian Court)

内部は鋳物や木製の飾りが随所に見られ

六角形のドーム天井は
イスラム諸国のモスクを思い起こさせます

入口を入ると

左はお店が並ぶ通路へ

右は通行止めとなっているため

ここまでしか入れません

もっと奥まで歩いていってみたかったです

関連リンク





テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/02/05 20:05 】 | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(45)立ち食いもOK「ベーカリー イェーグビュフェー」 | ホーム | プラハ・ウィーン・ブダペスト2015(43)ヴァーツィ通り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1243-ecb3ed30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |