CNMS 頚性神経筋症候群(15) 土に癒される

気が滅入った時は、土いじりが一番

「首と背中はずいぶん落ち着いてきたね」

通い始めて1年になる整体の先生にそう言われて喜んだ2日後、一気に突き落とされました。

なんだかいやな感じ。

じわじわ増してくる痛み。

それはあっという間に広がり、首の左側の筋から左肩、さらに肩甲骨が痛くて動かせなくなりました。

数ヶ月前の状態に逆戻り。

ああ、また一からやり直し。

あまりにもひどい仕打ちに2日間、寝込みました。痛みで眠れず、大泣きもしました。

ずっと寝ていたら血流が悪くなり、凝りはひどくなるし、気持ちも滅入る。何かしたくて、うずうずしてきました。

遊びに出かける。

本を読む。

パソコンを触る。

出かけるには痛みがひどすぎるし、あとのふたつは凝りがひどくなるからできない。

どうしたものかと思っていたら、数ヶ月前からベランダに放置していたプランターが目に入りました。

雨風に晒され、うっすら緑苔が生えた土は、すっかり固くなっていました。

そうだ、土の手入れをしよう。

なぜそう思ったのか、自分でもわかりません。去年11月にゴーヤとニンジンを栽培して以来、何も植える気になれなかったのに、突然、「植えたい!」と思いたちました。

この暑いのに、ベランダにビニールシートを敷いて、プランターの土を広げ、鉢底石を取り除き、土をふるいにかけてゴミを取り除きました。

数ヶ月前に土の再生剤を蒔き、養分になるようにと入れていた生ゴミの野菜の切れ端はすっかり土に還っていました。

すごい!

自然のサイクルに感動。

ふるいにかけた土は、粒の大きなものと細かいものに分け、鉢底石を敷いたプランターに入れなおしました。

その土の手触りの良さといったら!

ふかふかしていて、気持ちいい!

しゃがんだ姿勢で作業していたら腰の痛みがひどくなってきたけれど、シャベルを放り出し、素手で土を触るのが楽しくて仕方ありません。

無心になれて、時の経つのも忘れます。

ブロッコリーの種を蒔いたプランター

土の準備ができたので、せっかくだから何か植えようと近所のホームセンターへ出かけました。

そこで、以前から植えたいと思っていたブロッコリーの種を発見。

偶然にも、種まき時期は6月から7月。

ちょうど今じゃない!

これは、もう何かの導き。

暗闇で見つけた一筋の光。

こんなことでも気持ちは切り替えられるのです。

私はプランターに植えてしまったのですが、正しい植え方は:

  1. 育苗苗に10センチ間隔で深さ1センチのスジをつける。
  2. 2~3センチ間隔で種を蒔く。
  3. 軽く土をかけ、種が流れないようやさしく水をかける。
  4. 発芽するまで、直射日光が当たらないようにする。
  5. 本葉が2~3枚出てきたら、育苗ポットに植え替える。
  6. 1ヶ月して本葉が4~5枚出てきたら、プランターに植え替える。
  7. プランター1つに付き、苗は3つ植える。

とまあ、こんな具合。私も本葉が2~3枚出てきたら、育苗ポットに植え替えるつもりです。

種蒔きを終え、痛みがひどくなるかと思ったら、そうでもありませんでした。

なにより気分すっきり。

さらに夕べ、またしても痛みで眠れず大泣きしたのですが、今朝、ベランダを見たらまだ数日しか経っていないのに、芽が顔を出していたのです!

まるで天使の羽みたい。

ブロッコリーの芽

病気と闘っていると、自分のことでいっぱいで、まわりに気を配る余裕がなくなります。

だけど、そんな時こそ植物を育てる。

それは、自分の中に優しさと励ましを与えてくれます。




【2008/07/24 20:00 】 | CNMS 頚性神経筋症候群 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<富山2008(1)名物「富山ブラック」 | ホーム | ポーニャが旅に出る理由>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/11 18:01】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/109-6287b3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |