9マス発想でやる気を起こそう

何をしたらいいかわからない時に

やる気が出ない日が続いています。

こんなことではいけないと、「マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術(松村 寧雄 著、フォレスト出版)」という本を買いました。

やりたいことはある。

だけど、どこから手をつければ?

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術を読むクマクマウーとチビチビフーとポーニャとプーニャ

そんな時、頭の中を整理してバランスよく考えられる自己管理術が紹介されている本です。

「9マス発想」とは

  1. 中心核を持つ3×3の9マスからなるマトリックスを書く
  2. そこに仕事、健康などの8分野を8マス上に配置する
  3. それぞれのマスに目標を書き出す
マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術を読むクマクマウーとチビチビフーとポーニャとプーニャ

もっと詳しい書き方は本に載っていますが、こうして書き出すことの利点は:

  • 課題が、明確になる
  • 細部と全体を、関連づけながら一目で把握できる
  • 明確化することで潜在意識に刻み込まれ、目標を実現しやすくなる
  • ひらめきが起こりやすく、予期せぬ幸運に恵まれる

過去を振り返り、未来を見つめる

この9マス発想を使って、週間、月間、年間計画を立てられますが、私が特に興味を惹かれたのは「人生計画」です。

10代、20代など各年代を各マスに配置し、過去に自分が学んだこと、熱中したことなどを書き出していきます。

こんなことが大好きだった

こんなふうに性格が変わっていった

そうなふうに生まれてからこれまでの自分の変遷が見えてきます。

これまでこんな流れで来たのだから、これからの人生ではこうしていきたい。そんな未来に向かっての目標が少しだけ見えてきました。

心ひとつで環境が変わる

この本でもうひとつ印象的だったのは、

縄を見て蛇と思う人間の心

という文章です。自分の心ひとつで、ただの縄が恐ろしい蛇に見える。

大したことのない問題でも、取り組む前から怖がっていたら、問題は何倍にも大きな難題に見えてしまうのだと気づかされました。



【2008/06/20 13:05 】 | 管理人のつぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<韓国のお土産もらいました | ホーム | 右脳活用と「西の魔女が死んだ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/104-6f192bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |