右脳活用と「西の魔女が死んだ」

意外な関連性を発見

まもなく映画が公開される「西の魔女が死んだ」(梨木香歩 著、新潮文庫)という本を読みました。

西の魔女が死んだの本を見るクマクマウーとチビチビフー

あちこちの書評やサイトにあらすじが書かれているので省きますが、おばあちゃんが魔女修行だと言って実践させた内容に驚きました。

  • 大好きなマグカップを、本当に触れるんじゃないかと思うくらいしっかり描く
  • それができるようになれば、現実には見えないものでも、見たいと思ったら見えるようになる

これは、先日の記事「超右脳活用ノート」に書いた「残像トレーニング」と同じ理論。つまり、

右脳を活性化し、直観力を磨く

ということです。それが、おばあちゃんのいう魔女修行。「なるほど」と思いました。

また、とても印象に残った文章があります。それは:

魂は、成長したがっている

という言葉です。現実世界は厳しくつらいことが多くて、私も「なんで生まれてきたんだろう」と泣きたくなることがあります。

だけど、魂だけの存在では物事を体験できない。

体を持ってはじめて、物事を体験できる。

体験できなければ、成長できない。

だから、つらいとわかっていても生まれてきたのだと言うのです。なんだか妙に納得して、そして同時に励まされました。

今は忘れてしまっている、生まれる前に自分で決めたこと。

こうなりたいから、生まれようと決心したこと。

それがなんだったのか思い出したい。そうすれば、つらい時期も乗り越えられる。そんな気がしました。



【2008/06/16 19:30 】 | 管理人のつぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<9マス発想でやる気を起こそう | ホーム | 浄徳院菖蒲園>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/103-46a3a9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |