スロヴェニア・クロアチア旅行2013(119)スルジ山 山頂

登りはじめて1時間後

14時になり、やっと頂上に到着!

のどかな風景ですが、内戦時、ここには地雷が埋められていました。そして、内戦が終わった後、花を摘みに来た少女がその地雷を踏んで亡くなったそうです。なんてむごいんだ(><)。もう決してそんなことがくり返されないようにしなくちゃいけないよぉ。

いつもは大勢の人で賑わっているという山頂には、ほんの数人しか観光客がいません。

ケーブルカーが運休でラッキーだったかも

ピレ門が見えます

夕べ通った階段と聖イグナチオ教会も
(参照:夜の旧市街その3

お花もきれいだな

しばらく景色に見とれていると、日本人ツアーの人たちがやって来ました。ケーブルカー運休のため、タクシーに分乗してきたそうです。その話を聞いて、はっと気がつきました。

徒歩でなくタクシーという手があった!

今さら気づくなんて、私もバカだ(´Д` ;)

このツアーの方たちがとても親切で、私が徒歩で登ってきたと話したら、帰りは同乗しませんかと誘ってくださいました。結局、私は徒歩で下りましたが、温かい心遣いに感謝です。

さらに、このツアーの方が「柵から手を伸ばすと、花と旧市街が撮れますよ」とアドバイスまでしてくださいました。

そして旧市街を背景に私の写真を撮ってもらえないかとお願いすると、添乗員さんはアングルの良い場所があるからと言って、わざわざ高い所まで登って無理な姿勢でがんばって撮ってくださったのです。

私も以前、この旅行会社のツアーで旅行をしたことがあります。その時も添乗員さんが本当に一生懸命、気をつかってくださったおかげで気持ちよく旅行できたのですが、この時の私はたまたま出会っただけでツアー参加者でもありません。それなのにここまで親切にしていただけるなんて!

感激して胸が熱くなりました

14時50分、日本人ツアーの方々が帰って行った後も、景色に見惚れて、なかなかこの場所を離れることができません。そして、ふと気づくと、

ケーブルカーが動いてる!

風はそんなに収まってないのに
なんでぇ(T□T)!?




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/04/05 20:05 】 | スロヴェニア・クロアチア旅行2013 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スロヴェニア・クロアチア旅行2013(120)マリン・ドルジッチの家 | ホーム | スロヴェニア・クロアチア旅行2013(118)スルジ山へ登ろう その3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wofo.blog122.fc2.com/tb.php/1011-8b656cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |