ポーランド2015(80)レストラン カルクマ クザルニー ストウ

居酒屋風の雰囲気の中で

18時過ぎ、ザコパネに戻ってきた私達は、クルプフキ通り(Kurupowki)にあるステーキと郷土料理のレストラン「カルクマ クザルニー ストウ(Karczma Czarny Staw)」で夕食を取ることにしました。

店頭では炭火で焼くお肉のいい香り

奥に別の部屋があり、けっこう広いお店です

酸味のきいたビーツのスープ(10ズウォティ)と

ザワークラフトとマッシュルーム入りの
ピエロギ(茹で餃子、値段は15ズウォティ)を注文

スープはとてもおいしくて、餃子は個人的には茹でたものよりヴロツワフで食べた揚げ餃子(「クールナ ハタ」参照)のほうが好きかも(^^;)。

でも、店員さんも親切で、わいわいと楽しい雰囲気の店でした。メニューには他にラムやひき肉、チーズ、イチゴ、ブルーベリー入りのピエロギや、ローストチキンにローストダックなどもありました。




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2016/11/01 20:01 】 | ポーランド旅行2015 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ