スイス旅行2012(26)トリュンメルバッハの滝 その1

閉門時間にご注意

シュテッヘルベルク(Stechelberg)駅から歩いて30分、トリュンメルバッハの滝(Trunmelbachfall)に到着しました。

外からはまったく見えませんが、岩窟の中に入ると毎秒2万リットルもの雪解け水が大瀑布となって流れ落ちています。

入場料は11CHFですが、インターラーケンのホテル宿泊者はホテルでもらえる

インターラーケンカードを提示すると、10CHF

になります。のんびりチケットを受け取っていたら、売り場の人に「急いで」と急かされました。

現在17時半で、閉門は18時!

明るいから、時間のことをすっかり忘れていました。

エレベーターに飛びのり滝の6層目へ

エジプトのクフ王のピラミッドの大回廊みたい

と思うのは、エジプトかぶれすぎるでしょうか( ´_ゝ`)。エレベーターを降りたら、徒歩で階段を登って10層目を目指します。

足もとが滑りやすいので注意が必要

エジプトの岩窟墓みたい

それに、なんとなくアメリカのアンテロープ・キャニオンを思い出しました。

水の勢いに足がすくみます

このアイガー、メンヒ、ユングフラウの雪解け水の力が、岩窟の間を落ちてくる滝を作ったそうです。

自然は、すごい!




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2013/01/05 20:05 】 | スイス旅行2012 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ