頚椎椎間板ヘルニアになっちゃいました

事故から2ヶ月。

いまだに痛みやしびれがひどく会社も休みがちで、昨日、首(頚椎)のMRI検査をしたら、

「頚椎椎間板ヘルニアですね」と病院の先生。

今まで何度か頚椎のレントゲンを撮ったけれど、骨に異常はなかったはず。

それなのに、「もともと骨がずれていたところに、事故で症状が誘発されたんでしょう」だって。

ショック~~~

手術しても運動療法でも治るとは言い切れず、もっと首の骨がずれる可能性もあるとか。

この首の痛みも、左腕と左足のしびれも、後頭部の痛みも、その他さまざまな症状とは、これから一生もんのつきあいになるのかな。

仕方ないと、開き直るしかないのかなぁ~

寝ていると、まるで足が痺れるがごとく、後頭部が痺れてくるので、来月には頭もMRI検査をします。

首の筋肉が懲りすぎると、後頭部も凝り固まって痺れることがあるそうですが、どんな検査結果が出るのやら。

首の頚椎と一緒に検査してほしかったのに、同時にはできないとはなんとも面倒。

あぁ、MRI検査、キライ。

閉所恐怖症ではないけれど、狭いし、うるさいし、まるで工事現場で筒の中に入れられたみたいな感じで、

なんとも長い15分間。

「息苦しいよ。ここから出して~」

と叫びそうになりました。腹式呼吸を繰り返し、ぎゅっと目をつぶって、うーふーぽーぷー達の笑顔を思い浮かべていましたが、我慢するのは大変でした。



テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

【2010/04/28 21:18 】 | 管理人のつぶやき | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ