富山2008(1)名物「富山ブラック」

名物の中華そば

2008年7月11日から12日まで仕事で富山県に行ってきました。

10時50分に羽田を発って11時50分に富山空港に到着し、まずは昼食を取るため富山名物「富山ブラック」の元祖「大喜」へ向かいました。

富山ブラック(小)とご飯(小)で850円。

富山ブラック

もちもちした中華麺と歯ごたえのあるメンマ、やわらかいチャーシューにたっぷりのネギ。

肉体労働者のご飯のおかずとして醤油味の濃いスープのラーメンを作ったのが起源だそうですが、麺つゆみたいな黒さのスープはかなりのしょっぱさです。

「くどくて食べれない!」

「大好き。また食べたい!」

・・・と評価が分かれるそうですが、油っこさや変なくどさがないので私はおいしかったです。

ただ、あとで喉が渇いてしかたなかったです・・・。

ちなみにラーメンとご飯のサイズは、それぞれ小・大・特大とありますが、私は「小」で十分でした。

富山駅前を走る市電

仕事を終えると、すっかり夜。

富山駅前を走る市電を見ていたら、早く観光したくてうずうずしてきましたが、それは明日のお楽しみ。

海の幸に舌鼓を打つクマクマウーとチビチビフー

この日は海の幸に舌鼓を打っておしまいとなりました。


続きは 富山 2008(2)


関連リンク





【2008/08/01 12:23 】 | 国内 一泊二日の旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ