FC2ブログ
タイヤがパンク

パース旅行3日目(8)

トラブル発生

一面のエバーラスティング
  • 「一面のエバーラスティング」
  • 「いい香り」

ピナクルズを後にランセリン砂丘へ向かう途中のことでした。

バスが一時停車し、一面のワイルドフラワーの中で写真撮影タイムとなりました。

ところが…


パンクしたタイヤをはずそうとするガイドさん
  • 「パンクしちゃったよ」
  • 「大変。どうなるの~?」

なんとタイヤがパンク。

大型4WDバスのタイヤは大きく頑丈で、なかなか取り外せません。

携帯で同じツアー会社で同じ行程を先に走っていた

バスに助けを求め、

さらにツアー客のおじさん達まで駆り出され、

砂まみれになってタイヤ交換です。


スペアタイアをはずそうとするガイドさん
  • 「スペアタイヤも、硬くて外しづらいみたい」
  • 「ぼく達には、なににもできないね」

見守るだけで、ただ待つばかり。

助けに戻ってきてくれた日本語ツアーのドライバーさんが、整備士の免許を持っていたのは幸運でした。

それでもタイヤの取り外しはかなりの力仕事。

すっかり疲れきっている姿に、この後、運転できるのか心配になるほど。

ツアー客の中の体格の良いおじさん達も砂まみれになって手伝って、タイヤ交換し、出発のめどがたったのは30分後のことでした。

もしも助けのバスが来ず、体格のよい人たちもいないツアーだったらと思うと、ぞっとしました。





【2007/11/30 12:10 】 | パース旅行2007 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ