ウィンタービスタイルミネーション2007

冬の風物詩

国営昭和記念公園 ウィンタービスタイルミネーション

JR中央線 立川駅から徒歩約15分。

毎年恒例の「ウィンタービスタイルミネーション」が2007年12月7日から開催されている東京都立川市「国営昭和記念公園」にやってきました。

立川基地跡の一部に開設された国営昭和記念公園は、広さが東京ドームの約40倍。

四季折々の花が楽しめる緑のゾーンや野鳥観察ができる水のゾーン、様々なイベントが行われる広場のゾーンや、サイクリングコースやドッグランまであって、週末ともなると家族連れや友達同士、カップルで賑わいます。

国営昭和記念公園 全長200mのカナールといちょう並木のイルミネーション

ピラミッド型に組まれたシャンパングラスのツリーは、オレンジ、緑、白など時間によって色が変わり目を楽しませてくれます。

「昼間とは全然、雰囲気が違う」

「なんだか日本じゃないみたい」

そんな声が聞こえてきました。

国営昭和記念公園 全長200mのカナールのイルミネーション

大噴水までやって来たら、全長200mのカナール(運河)の終点。

でも、イルミネーションはこれだけではありません。

国営昭和記念公園 光のパークとレイン

光のパークトレイン。

国営昭和記念公園 光の動物園

光の動物園。

国営昭和記念公園 大ケヤキのイルミネーションツリー

大ケヤキのイルミネーションツリー。

国営昭和記念公園 冬の花畑

そして圧巻! 冬の花畑。

1時間もいたら体が芯から冷えてきました。

でも寒さも忘れて見とれてしまう冬ならではの光の幻想世界。

イルミネーションは17時から21時まで。ホットフードを売る露店も軒を連ねています。

関連リンク




【2007/12/21 19:10 】 | 関東 日帰り旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ