イギリス旅行2012(31)イーストボーンを一望

ちょっと寄り道

15時になりましたが、天気は回復しそうもありません。イーストボーンへ戻ろうとセブンシスターズ パーク センターから12番のバスに乗り、

街が見下ろせる場所で途中下車

…するつもりが、バス停「Southdowns way」を過ぎてしまい、ひとつ先のバス停「Youth hostel」で下りて、逆方向へ戻るバスに乗りました。

10分に一本とバスの本数が多く
一日券を持っていて良かったです

さて、バス停で降りたものの、二階建てバスの中からはよく見えたのに、下りてみると草むらが邪魔で、すごく遠く感じます。

ずんずん草むらを歩いていくと、犬を連れた人やトレッキングしている人たちに会いました。

毎日、ここで散歩できたら楽しいだろうなぁ

リズミカルに建ちならぶ家々や

花を見ていたら

ぽつぽつ雨が降ってきました

デジタルズームで撮影

15時40分、雨もひどくなってきたので帰ります

…と思ったら、次のバスまで時間がある

羊でも眺めていようと近づいたら
逃げられました。うぇ~ん(><)



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/23 07:02 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(30)カックミア川沿いを歩くセブン シスターズ

疲れも吹き飛ぶ絶景

先ほどまでいたバーリングギャップは
あの白い岸壁の右端部分

こんな所を毎日、散歩できたら
犬も嬉しくてたまらないだろうな

いつまでもここで景色を眺めていたかったです。けれど、時折、降る雨と強風に体が冷え切ってしまい、14時15分、カックミア川まで下りてきました。

ここを渡れるとセブン シスターズの真下まで行くことができますが、それは無理(~~)。また、「セブン シスターズ カントリー パーク(Exceat park centre)」まで戻って、フットパスを歩き直さなければなりません。

でも、この日はもう歩き疲れました

川沿いの道を歩いて戻りましたが
これが歩きづらいのです

景色に見とれていると、転びそうでした

そして、14時40分、来た時の道と合流

フットパスの出口へと向かいました



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/20 07:02 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(29)バーリング ギャップからセブン シスターズへ

こんな所に住んでみたい

お昼12時、バーリング ギャップ(Birling Gap)から再びバスでセブン シスターズ へ向かいました。

ブライトン行きバスが、毎時13分と43分に出ています

約30分後、前日に下車した「セブン シスターズ カントリー パーク(Exceat park centre)」のひとつ先のバス停「Golden Galleon」で下車。

その近くに、セブンシスターズへのフットパス入口があります

2010年11月に来た時は寒かったけれど、今回は7月なのに夏らしくない涼しさなので心地いい陽気です(2010年ブログ「セブン・シスターズへ その2」参照))。

羊がいっぱい

このフットパスはセブン シスターズの白い岸壁がなかなか見えてこないので、本当にこの道でいいのか不安になります。

2年前に比べると、木が伐採されて見晴らしが少し良くなっていましたが、

目指す岩壁はあそこ

30分も歩けば見えてきます

やったぁ、着いた!

13時

いえいえ、まだこの先があります。あいにく雨がぱらついてきましたが、ここから左手の岸壁に向かう道ではなく、右手の道を登ります。

民家の前の道を通って振り返ると

まさに「セブン・シスターズ(七人姉妹)」!

あの家からは、毎日、この景色が見れるんだな

この家のご主人はこの場所が気に入り、ここに移り住んだとテレビで紹介されていましたが、うらやましい限りです。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/17 07:03 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(28)イーストボーンからバーリング ギャップへ

イーストボーンにある断崖絶壁

朝食後、イーストボーン駅から「13X」番のバスに乗り、日帰りで「バーリング ギャップ(Beachy head)」へ出かけました。

10時20分。11月17日撮影

「13X」番のバスは、6月25日から9月15日まで毎日。それ以外の期間は、土日祝日のみ運行しています。始発は9時50分で、その後は毎時20分と50分にイーストボーン駅前のバス停から出ていました(2012年7月時点)。

9時52分、バスはほぼ時刻表どおりにやって来ましたが、ブライトンまで行くせいでしょうか。

車内はけっこう混んでいました

バスは、前日、セブン シスターズ カントリーパークへ向かう時に通った牧草地の間の道を途中で左折。

イーストボーンの街を見下ろしながら

バーリング ギャップ(Beachy head)のバス停に到着

ここで下車したのは、私一人。まわりには何もありません

そこから歩いて数分、バーリング ギャップの駐車場まで行くと、車が何台か停まり、観光客の姿がありました。

ここには、カフェとトイレがあります

ずんずんと崖を登っていくと

10時半

前日、訪れたセブンシスターズが見渡せます

さらに上へと歩いていくと

広大な景色に比べて、人間は米粒のよう

右手に目をやると、バスで通った道が見えます

岸壁の上は、遮るものもなく

風が強くて飛ばされそう
(疲れて、うなだれているわけではありません)

この先のビーチーヘッド(Beachy head)まで
まだかなり距離があります

セーターとウィンドブレーカーを着込んでいきましたが、降り出した雨と強風に冷え切ってしまい、この辺りでUターンすることにしました。

それでも、このまま帰るのはもったいない。先ほど登ってきた反対側も、覗いてみることにしました。

11時48分

でも崖が白くないので、面白みが半減
トイカメラ・フィルター撮影で遊んでみました

海岸へ降りると

地元の高校生たちでしょうか。波が荒いのをものともせず、歓声をあげながら海で遊んでいました。この寒いのに、元気だなぁ。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/14 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
イギリス旅行2012(27)アルバニー ライオンズ ホテルの朝食

イーストボーン2日目(旅行7日目)

朝6時、今日も良い天気です

さっさとご飯を食べて出かけたいけれど、この日のアルバニー ライオンズ ホテル(Lions Albany)の朝食は8時から。

イギリスの朝食時間は遅いのです(~~)

平日は7時半から、土日は8時からなんてよくあること。不便だなと思いますが、この日は今回の旅で唯一の

ビュッフェ形式の
フルイングリッシュ・ブレックファースト(*^^*)

これは絶対、食べたいので、朝食の時間までホテル前のグランド・パレード通り(Grand parade)を散策しました。

ビーチ沿いには花も咲いていました

けれど、日が射しているのに
セブンシスターズ方面を見ると、黒雲が接近中

それに、イーストボーン・ピア(桟橋)は店舗のオープン前で掃除中だったため入るのが躊躇われました。

そうこうするうちに8時になり、ホテルへ戻りましたが、

まだ準備ができていません。なんでよ~\(≧血≦;)

結局、8時半まで待たされましたが、それでも、並んでいるのはコールドミールだけ。

フルーツとコーンフレークをつまみつつ、温かい料理が出てくるまで待ちました。

トーストは焼きすぎちゃいましたが、おなかがすいていたせいか、ちょっと油っぽいハッシュドポテトもおいしかったし、普段は口にしないソーセージもプリップリの皮と肉汁がジュワーとしみだしてパクパク食べてしまいました。




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/04/11 07:01 】 | イギリス旅行2012年7月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ